愛育会のご紹介 『ありがとう!うれしかったね!よかったね!』の医療・介護・福祉を目指して。

理事長あいさつ

共に喜び合える医療を

私たちの生活は価値観の多様化、高齢化と少子化により大きく変化しております。
そして、これらは格差社会・超高齢化社会となり、加速度的に進行していきます。
しかし、社会構造が変わっても、私たちには変わらないものがあります。
それは、「夢や希望」です。
住み慣れた街や場所で、関わりを持ってきた親しい人たちと最後まで生活したいという想いです。そのような、自然な想いを実現するために愛育会は時代のニーズに応えてまいります。「ありがとう・うれしかったね・よかったね」と言っていただけること、そして私どもも言わせていただけるよう医療・介護・福祉の連携によって、地域と人に着目した切れ目のない環境を構築いたします。

地域に根ざしたクリニックを目指して

病気の治療や病状が安定していても治癒が困難な患者さんの再発予防、身体機能の維持・改善を行なうためには、治療や看護、リハビリテーション、在宅医療、介護にいたるまでを支援する小回りのきく民間病院が不可欠です。この十数年、医療政策の変更に振り回され、縮小や閉鎖に追い込まれる中小の民間病院が増えていますが、その波は、前身である「協和病院」にも押し寄せました。
国が耐震改修を促進するなか、当時築40年を超えていた「協和病院」も、全面改修が必要となりましたが、土地代が高いうえ、規制の厳しい東京都では建替えや増築が難しく、5年前、断腸の思いで病院を閉鎖しました。しかし、通っていた患者さんの中には、年老いて通院できない方々も多く、長年診てきた患者さんを何とかしたいとの思いから、一般外来に加え在宅診療も行なう「協和メディカルクリニック」を開院したのが2009年のことです。私自身、現在も患者さんを診療しており、病態が急変すれば夜中でも、早朝でも駆けつけています。

より良い医療を求めて、さらなる一歩を

理事長 竹川勝治

医療は、患者さんの話にじっくり耳を傾けることから始まります。常に心がけているのは、患者さんが歩んできた人生や価値観、性格、家族関係なども含め、病気として診るのではなく、ひとりの人間として診ることです。そして、病気を治す医療にとどまらず、より多くの方々に、健康な毎日を過ごしていただきたいとの思いから、来年には、健康寿命を延ばすための抗加齢医療を取り入れ、人間ドッグや検診センター、女性や子どもにやさしいクリニックを開院します。
これからも、地域に根ざし、グループ内で地域医療を完結できる体制を目指し、邁進してまいります。

理事長 竹川勝治